今日の迷言・余言・禁言

「なんじゃこりゃ」で“石原軍団”は消えていく

私が「松田優作」という俳優を初めて見たのは『西部警察』というTVドラマだった。もしかしたら『太陽にほえろ』の方が先だったのかもしれないが、そちらの方は見ていない。とにかく、まだ駆け出しの若手俳優だったころで、役柄も別部署から配属されてきた異色刑事という設定だったが、その演技というか物言いというか正に“超個性派”で、強烈な印象を受けた。「こんな俳優がいるんだ」と圧倒されたのを記憶している。もちろん、それは“あの時代”だから「許された刑事」で、もし今ならたちどころにコンプライアンスで引っ掛かる。スポンサーからも視聴者からも批判が殺到することだろう。けれども、彼の風貌や物言いは“あの時代”に相応しく、その“存在感”において誰よりも輝いていた。そのうち彼は、別なTV番組やアクション映画などで人気を得ていくようになるのだが、私は『西部警察』に出ていた時の松田優作氏の“縦横無尽さ”が、いちばん好きだった。その故・松田優作氏も所属していた「石原軍団」が昨日、正式に来年1月を持って解散することが発表された。もう十年近くも前から、実質的にはほとんど機能しなくなっていた映画プロダクションだった。かつて石原裕次郎氏が立ち上げ、渡哲也、神田正輝、舘ひろしなど、そうそうたる俳優を輩出してきた。裕次郎氏が亡くなってからは、実質、渡哲也氏が“軍団”を率いた。けれども、その渡氏は現在闘病中で、とても社長の重責を担えない。一応、裕次郎氏の奥様である石原まき子氏をトップに据えて来たが、もう86歳で年齢的にも潮時と判断したようだ。「石原軍団」というと近年は災害時の“炊き出し”で有名であるが、メンバーが老齢になりつつあって、それ自体も辛くなってきているに違いない。何しろ、舘ひろし氏も神田正輝氏も70歳である。解散後は二人とも独立して俳優業を行うらしい。観相学的には、舘ひろし氏の方は法令線がクッキリしていて、まだまだ現役俳優として活動できるし、後輩何人かは付いてくることだろう。神田正輝氏の方は何となく“勢い”が乏しい。松田優作氏が「西部警察」で暴れていた時期が、石原軍団の最盛期だったのかもしれない。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.