今日の迷言・余言・禁言

「とのさま顔」には「とのさま」が良いのだが…

元フィギュアスケート選手だった浅田真央氏が、TV番組の中で“公開お見合い”を行った。そして、その中でもっとも気に入ったのは“元暴走族”のイケメン落語家として人気上昇中の瀧川鯉斗氏だったようだ。浅田真央氏は、最近の日本女性としては珍しいくらいの「とのさま顔」で、眼と眉との間が大きく離れている。観相学上では眼と眉との間、上瞼の部分を「田宅(でんたく)」と言う。ここが“住宅”と“田畑”に関係のある部位だからだ。大昔は、貴族ともいうべき地位や名誉を持つ者は“広い家屋敷”に暮らした。そこで、この「田宅部位」の広い顔を、俗に「とのさま顔」と呼んだ。現代でも、例えば“上皇后・美智子さま”とか、“アパホテル社長・元谷芙美子氏”等の顔を見ればわかるように、広大な敷地に暮らすものは「田宅」部位が極端に広いのだ。そして、“殿様的な御身分”で居られる。つまり、そういう希少な顔貌を持っているのが浅田真央氏なのだ。こういう人には、周りが何でも“お膳立て”してくれる。性格的にはおうように出来ていて、細かなことはあまり気にしない。ただ人が善いので“騙されやすい”という特徴を持っている。こと「結婚」に関しても、お膳立てしてくれたものから選んでいく“お見合いスタイル”は、向いていると言えば向いているが、本来は“広大な邸宅”等を所有している「現代のとのさま」から選んでいくのが良い。そういう点から言えば、元暴走族の落語家は、いま一つ“役不足”のような気がしないではない。相性的には悪くはないのだが、現代の落語家が“広大な家屋敷”を所有できるのかは、いささか疑問だからだ。ただ運気的には、ちょうど浅田氏のホロスコープではトランジットの冥王星が出生時の金星に120度となっていて、本人も「結婚したい気分」の時期に来ているのは間違いがない。そして、木星の方が出生時の土星に0度一体化しているので、この企画を“仕事”として捉えるのなら、今後も継続して行く可能性を感じさせる。さまざまなところから“候補男性”が出現してきそうな可能性もある。そうやって、何回も仕事としてこなしている内に、もしかしたら本物の“王子様”ともいうべき人物が出現して来るかもしれないのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.