今日の迷言・余言・禁言

「くまモン」と「クマ」は、こんなに違う

一時期、熊本県のキャラクターとして一世を風靡した「くまモン」。子供達からの人気を得てグッズ商売も大繁盛。全国各地から引っ張りだこだった。ところが熊本地震が起こって以降、“愛想を振りまいて”全国行脚をすることが難しくなった。そう言えば「ふなっしー」など世界的な人気だったが、どういうわけか“ブームが去る”とTV局は、どこも申し合わせをしたかのように使わなくなった。北海道では最近、“くまモン”ならぬ“クマ”そのものが住宅街に出現して頭を抱えている。羅臼町では8月までの間にクマの目撃件数が220件にも達している。先月から今月にかけて頻繁に目撃され、住民の飼い犬や飼育するヤギを襲い、犬の死骸を何故か穴に埋めようとしているところを発見された。昔は人間を目撃すると逃げたのだが、最近のクマは逃げない。島牧町ではクマが住宅の裏山から毎夜のように出没し、人間がライトで照らし出しても動こうとしない。先日は札幌市内でも道路を横断していくクマが目撃された。完全なる住宅街なので待ったなしであり、早急な対策を必要としている。もはや人間とクマとの境界線など完全に失われてしまったようだ。動物のキャラクターは可愛いが、実際の動物は必ずしも可愛い行動ばかりではない。野性動物を放し飼いにするサファリパークなど時に子供が車から抜け出して襲われることもある。現代の子供たちの中には、可愛いぬいぐるみやキャラクターから動物を知っていく場合があり、猛獣でも怖がらずに近づいてしまったりする。“くまモン”と“クマ”を間違える子供はいないと思うが、“野生動物”と“ペット”の違いだけは幼少期にしっかり教えておかなければならない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.