今日の迷言・余言・禁言

「お手本」としての日本

アメリカも、中国も、最終的には「世界の覇者でもリーダーでもない」ということを、昨年から今年にかけて、世界は知ることになった。まず、両国は“貿易戦争”で真正面からぶつかり合った。その結果として、どちらも勝利せず、傷つけ合う結果を露呈し合った。その結果、両国は、既に“解決された”かに思えていたもう一つの問題に行き着いた。アメリカは「白人」と「黒人」の対立という構図。中国は「本土」と「香港(厳密には香港以外の中華圏も含む)」の対立という構図。結局、大昔に決着がついていたはずの問題は、くすぶったままであったという事実を世界に知らしめた。自国内での問題が、そして“傷跡”が癒えていない以上、ほんとうの意味での“世界の指導国”には成り得ない。そういう点で言うなら、我が日本は、なんだかんだ言っても、そういう“おおもとの問題”がない。厳密には“関税問題”も、“民族間問題”もないわけではないが、少なくとも、それで国内が二分されるほどの問題としては存在しない。今回の“コロナ騒動”でも、日本人の“結束力”は事態の拡散を一応は最小限にとどめた。かつての「おしん」の国、日本は士農工商の時代から“我慢強さ”が身についているのだ。最近、日本の経済力の“著しい低下”を警告する書籍などが相次いで出版されている。そのこと自体は紛れもない事実で、今後の我が国の重要な課題となっていくと思うが、少なくとも国内におけるまとまりと、社会保障的な制度の確立という点では、世界の指導国としての役割を担っても良いような立場には居る。なるべく早急に、国として“経済力を高める施策”を打ち出していかなければならないが、少なくともアメリカや中国には欠けているモノを「日本」は備えていたのだということを知っておくべきだし、今後の“コロナ後の新しい世界”の「お手本」となるべく“日本らしさ”は失われないよう心掛けたい。


最近の記事はこちら

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.